口のニオイの原因は喉にあった…!?

会話してる時や運動などで息が上がったとき、ふと気になるのが口のニオイ…。
誰も口に出して言わないけど、きっと誰もが結構気にしている事かと思います。
こういういやなニオイに限って自分では分からないものなんですよね…気になっちゃいます!
私は普段から口臭を気にして、朝昼晩と1日3回は歯磨きをする習慣を付けています。
加えて朝起きて顔を洗う前、水を飲む前に必ず喉うがいをするようにしているのですが…
ある朝のこと。
前の日は会社の飲み会でお酒や脂っこい食べ物をたくさん飲み食いして、歯磨きをしたのになんだか口の中が気持ち悪い感じがしました。
いつも通り朝イチの喉うがいをすると、口に含んだ水の中になんだか固まりが…
(汚い話でごめんなさい><)
取り出してみるとクリーム色の米粒くらいの柔らかい粒。
何気なく匂ってみると、とっっっても臭い!!口臭を何倍にも濃くしたような強烈なニオイでした!
何だこれは~!とパニックになって口の中を鏡で見ると、喉の奥の肉壁に白いものが見えました。
指で押してみると、ニュウ~っと同じ白い粒が出て来たのです…!
私は直感しました。これが口臭の親玉、諸悪の根源だと。
それからというもの、私は月に一度はのどの奥をチェックして指や綿棒で白い粒をとるようにしています。(医学的に安全な方法かは分かりませんが…)
これをするようになってから、朝の口の粘つきや舌の白みが減ったように思います!
あまりやり過ぎると喉を傷つけてしまうそうなのですが、
口臭が気になったり、偏食気味のときにはチェックしてみてはいかがでしょうか?

▽ピックアップ
http://xn--vbkx51gqvd809cmgv.net/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年5月6日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:日記

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ