レモンによる口臭抑制効果

クエン酸にはカルシウムの吸収を助ける働きがあります。カルシウムは人体にとって貴重な物質でありますが、なかなか腸内からは吸収されにくいものなのです。
しかし、クエン酸とは相性がよく、一緒に摂ることによって吸収されやすくなるのです。また、クエン酸には口の中の嫌な臭いをサッと消し去ってくれるのです。
レモンをスライスして口に含むか、しぼってぬるま湯に混ぜ、口に含むようにしてゆっくりと飲んでいくと口臭に効果があります。レモンは身近にある食品ですので、上手に利用しましょう。。
口臭を抑えるためには、クエン酸が効果を発揮します。
クエン酸が不足すると、血液中に乳酸が増え、酸性化を促進します。同様に、口の中を不潔にしていると、口の中の細菌が糖質やデンプンを分解し、乳酸を作ります。それが歯の主成分であるカルシウムや象牙質に侵食し、虫歯をつくり、口臭を悪化させることになります。
そこで役に立つのが、レモンです。レモンはクエン酸を豊富に含んでいます。

▼参考ページ
http://xn--eckp2g542opqitm1cmwj.jp/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年3月8日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:日記

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ